KATAYABURIクィディッチ

◇歴史
世界的名作「ハリー・ポッター」内に登場する、箒に乗ってプレーするスポーツ”クィディッチ”。アメリカの大学生たちにより21世紀初頭より、このマグル界(人間界)でも”クィディッチ”がプレーされるようになった。
そのクィディッチの第一回日本選手権が2018年に開催されると聞きつけ、やったろうぜ的ノリで結成されたのが KATAYABURI QUIDDITCH。
第一回の大会では人数不足により、急遽中央大学チームとの合併で出場し4チーム中3位の成績を残す。
その後も、Vスポーツプロジェクトの各チームのメンバーが結集し、二度のEDOCUPに出場するも、中々成績が振るわず
まだ始まったばかりの”クィディッチ”の世界といえど、他チームは外国人中心のフィジカル中心のチーム作りを行うなど、 KATAYABURIが早々勝てる世界ではなかったのだ。
しかしその風向きが変わりはじめたのが、2019年8月に行われた「アジア・パシフィック選手権」。日本代表のチームとして意欲的に練習を行い、更には海外での”クィディッチ”経験がある選手も加入。大会では2勝を挙げた。
そして、KATAYABURIは更なる選手補強を行い、2020年1月の日本選手権に臨む。
狙うは優勝のみ…!
過去最多5チームが参加する日本選手権で、日本一を目指す!過去の成績
2018年11月:第1回日本選手権 3位
2019年2月:1st EDO CUP 3位
2019年5月:2nd EDO CUP 2位
2019年7月:アジア・パシフィック選手権 7位

◇募集
KATAYABURI QUIDDITCHは「ハリー・ポッター」に登場する、箒に乗ってプレーするスポーツ”クィディッチ”のチームです!
映画のクィディッチをしっかりと、マグル(人間)用にオマージュしているので、どんな方でも楽しむことができます!
箒にまたがって、ラグビー・ドッジボール・鬼ごっこを混ぜたような…色々な楽しみ方ができるスポーツとなっています!
日本国内にはクィディッチのチームは5チームあります。しかし、世界では約20カ国でプレーされており、2年に1回ワールドカップも開催されています。
もちろん国内でも日本選手権が年に1回、そして国際大会としてアジア太平洋選手権が年1回開催されています。
KATAYABURI QUIDDITCHは日本選手権の優勝、そしてアジア太平洋選手権でも優勝を目指し活動しています。色々なスポーツのバックボーンを持っている人が参加しており、気兼ねなくプレーしやすい環境も整えています!

まずは、クィディッチを知ってもらうために体験会を開催します!
イベント一覧からスケジュールをご確認いただき、ぜひご参加ください!

活動予定は下記の通りです。
活動場所:高田馬場、その他都内の公園又は体育館
活動頻度:週2回
会費:月3,000円
※体験会は月1回〜2回、日曜日に行う予定です。