1. HOME
  2. ブログ
  3. 【元気すぎる31歳】ジャパン近代3種シリーズ2019ファイナルカップ大会にも出場!

【元気すぎる31歳】ジャパン近代3種シリーズ2019ファイナルカップ大会にも出場!

11月24日(日)武蔵野の森総合スポーツプラザAGFフィールドを会場にてジャパン近代3種シリーズ2019ファイナルカップ大会が行われ、
V-SPORTS PROJECT代表のまっしーこと眞柴啓輔が今月行われたコーフボール日本選手権に続きこちらの大会にも出場しました。
(なお眞柴はこの大会の前日の23日に行われる予定でしたが天候不良のため開催延期になってしまった全日本クィディッチ選手権にも出場予定でした)

当大会はオリンピック種目でもある近代五種の登竜門とも呼ばれる大会で、水泳、ランニング、レーザー射撃の三種目からなる3種の部とランニング、レーザー射撃のみの2種の部があり、眞柴は2種の部に出場。

競技内容は、スタート直後に射撃を行い、的に5回当てれば、ランニングへ移行。
ただし、的に当たらなければ50秒で射撃の時間は打ち切りとなり、そのままランニングへ移行が可能。
つまり、射撃→400mラン→射撃→400mランを行うのが2種の部です。

高校・一般男子の部の参加者は全部で34名。
予選、決勝の2回レースがあり、決勝に進めるのは予選タイム上位14名というシステムでした。

近代5種に向けての第1歩となる、2種の部に初挑戦し初めての射撃を行った眞柴でしたが、毎レース前に射撃練習時間が約5分ほどあり、そこで技術を習得。
なんと、予選は4位通過で決勝に進み、最終的には10位という記録でした。

次回は表彰台目指して、射撃練習を積んで結果を残すと誓った眞柴選手!
皆さんも一緒にレースに出場してみませんか??

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事