1. HOME
  2. ブログ
  3. 第5回モルック日本大会レポート KATAYABURIの結果は!?

第5回モルック日本大会レポート KATAYABURIの結果は!?

■KATAYABURI初の大会参加!


日本大会の募集を見つけ、未経験ながら申込を行った。モルックセットを購入したのは申込み完了後の大会の3週間前。
最初に経験したのは深夜の2時から始まった闇モルック。暗闇の中、立川の公園で蚊と戯れながら初モルックを行った。

大会前日、リーダーぽんの家に集合し前日練習。この日も22時から行う闇モルック。技術も戦略もままならないまま、一度も明るいところでの経験なく大会当日を迎える。ラモスフィールドで行われた第五回モルック日本大会。我々KATAYABURIチームはぽん、ゆう、こうの3人体制。ビギナーズラックを期待しつつも、事前に知った情報によると強豪チームとのグループに入る。

■起きるか?ジャイアントキリング!

 

当日試合会場に入ると老若男女の参加者がいることに気づく。年齢や運動能力に左右されることなく、誰もが参加できるベンチャースポーツと言えるだろう。

そして始まった1回戦。4チーム対抗での2ゲーム制。50点獲得を目指してモルックを投げる。
緊張からか、これが実力なのか3人が一巡して5ポイント。結局1ゲーム目は50点中19点しかとれず。そして2ゲーム目、最初の3投で20点と好調な滑り出し。しかし、その後無得点が続き取った点数は24点。

1回戦は43点とグループで最下位に(1位100点、2位68点、3位55点)この時点で参加48チーム中の25位以下が決定!

Youtube用に動画を撮影するも、失投の連続。メンタルの弱さが伺える。


そして先程の敗戦を一旦忘れて2回戦。初勝利を目指すも1ゲーム目は20点。この時点ではグループ3位につける。2ゲーム目。逆転を目指すもミスが続き25点。

グループ3位で2回戦を終える。(1位84点、2位81点、3位45点、4位38点)

意外といけるんじゃないか?と調子に乗っていた大会前日のノリを激しく後悔。個人ではぽんが奮闘するも他2人の失敗が目立つ。戦略の甘さ、技術の低さも目立ち思うようにゲームを進められず。。。この時点で37位以下が決定。なんとしても最下位を免れるために最終戦に挑む。

 

■天国と地獄


これまでの戦いから戦略を学んだKATAYABURI。
勝ちたい。そして最下位だけは嫌だ!
1ゲーム目。最初の3投で27点とトップに。その後も順調に進み、41点でリーチを迎える。初の50点。運命の一投はゆうに任される。ゆうの手から放たれたモルックは9番のスキットルを射抜く。50点!この時点でグループトップに。

ちなみにこの瞬間を動画に収めていない。間が悪いのか、撮影していないからこの結果を出せたのかは不明だ。

運命の最終ゲーム。このままリードを守れば初勝利を飾れる。一投目が得意なこうが投げるもまさかの0点。単純に恥ずかしいやつ。その後は順調に得点を重ね24点。

しかし、次のぽんが0点、こうが0点とこのゲーム無得点へのリーチが掛かる(モルックでは連続3回0点が続くと無得点になる)
運命の3投目。ゆうの投げたモルックは…どのスキットルにもかすらない。スキットルが一本も倒れていない。おかしい。圧倒的に有利な状態だったはずだ。

このゲームはなんと0点。1ゲーム目と合計して50点。逆転でダントツの最下位。(1位81点、2位76点、3位66点、4位50点)

 

結果は48チーム中46位(たぶん)というアイドル好きのような順位となってしまった。
我々もKTYBR坂47と改名することを検討しようか。。。

悔しい。一度も思い通りに投げられなかった。モルックの借りはモルックでしか返せない。
次回は絶対にトップ3を目指す。いやもう少しハードルを下げトップ10と言っておこう。

KATAYABURIモルックチームの戦いはここから始まる。

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事